indexcompanyserviceofficegrouprecruitcontact

   
   
   
 
   
  入社一年目は、セメント専用船のオペレーター業務を行っていました。
輸送を依頼されたセメントが安全且つ予定通りにお客様のところへ届くように、運航船舶への連絡・指示を行うことが主な仕事です。
また、今年からはガット船の配船業務を行っています。
主な貨物は生コンの材料になる砕石などですが、メーカーが輸送してほしい貨物情報と、船型や前航海でフリーになる場所等のタイミングが合う船舶とをマッチングし、効率的に配船を組み立てていくことも業務の一つです。
日々の業務には、航海や海運に関する専門知識が必要です。
私は入社二年目でまだまだ知識も経験も不足している為、わからないことがあればその都度自分で調べたり、先輩社員や船長に教えて頂きながら勉強する毎日です。
 
  
   
  現在私が担当しているガット船の配船業務は、「貨物の引合い」という業務が主な仕事になります。
ある貨物を荷揚げ後、次の積地まで空船(貨物を運んでいない状態)のまま日が空いてしまうと、売上の減少になります。
その為、空船になる港の場所とタイミングを考慮して、運べる貨物を引合いし、空船廻航をなくすことが必要です。
同業他社の中には、自社の船では日程が合わず運べない為、代わりの船を探していることもあります。
そういった貨物の情報を収集し、日程や品物を確認した上で、貨物の引合いを行います。
しかし、タイミングが合わない、検討している間に他社が運ぶことに決まってしまった等、上手くいかないことがほとんどで、貨物の成約に手こずっていました。
その為、運べそうな貨物の情報を入手したら「もう1日、積日を後にずらせないか」等、配船状況を見ながら迅速に交渉を行い、上手く配船に組み込めないか奮闘する毎日です。
それだけ交渉や相談には苦労するので、初めて自分で探した貨物が決定した時は、とても嬉しかったし、やりがいを感じました。
成約が決定した後も、船舶が安心して、安全に輸送できるように海図を入手したり、荷役方法を確認するなどサポートすることもオペレーターの重要な役割なので、特に気をつけて詳細を確認するようにしています。
 
 

   
私が所属する海運部は、専門的な業務が多く大変な仕事も多いです。
しかし、仕事の時は真面目に堅実に、飲み会やイベントではとことん盛り上がって楽しむ、というようにメリハリのある雰囲気です。
周りも明るく気さくな方ばかりなので、不安でいっぱいだった入社当時も、早く慣れることができました。
また、ここでの仕事は、毎日の業務を通じて様々な人に出会いながら成長でき、とてもやりがいがあると思っています。
若い人材も活躍できる場が多くあると思うので、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
 
  ※2015年夏取材  
先輩社員一覧へ戻る

2012 Tsurumaru Shipping Co.,Ltd. rights reserved.